ニュース
» 2017年08月25日 15時30分 公開

債権取り立て不可能:SUBARU、タカタ問題で特損813億円 最終益を下方修正

SUBARUが、タカタ製エアバッグのリコール費用として特損813億円を計上。2018年3月期の業績予想を下方修正した。

[ITmedia]

 SUBARUは8月25日、2018年3月期の業績予想を下方修正し、最終利益が前回予想から565億円減の2285億円(前期比19.1%減)にとどまる見通しだと発表した。タカタのエアバッグ問題に関連し、18年第2四半期に813億円の特別損失を計上したため。

photo SUBARUの公式サイト

 18年第2四半期の最終利益は、前年同期比46.0%減の885億円になる見通しという。予想売上高と予想営業益は、第2四半期・通期ともに据え置く。

photo 修正した業績予想(18年3月期通期)
photo 修正した業績予想(18年3月期第2四半期)

 特損として計上するのはタカタ製エアバッグのリコール費用。既に関連費用として17年3月期までに735億円を未払い計上していたが、タカタが6月に民事再生手続きを申請したため「求償債権などが原則的に取り立て不能となる見込み」と判断し、追加計上に至ったとしている。

photo SUBARUによる経緯説明

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集