コラム
» 2017年08月31日 13時17分 公開

鴨葱:よく分からない現地語Tシャツを着るリスク (1/2)

外国語のTシャツを恰好いいと考えて着る若い人は少なくないようだ。しかし自分がよく理解できない現地語で書いてあるTシャツを嬉々として公衆の面前にさらすことには思わぬリスクが伴うことは理解しておいたほうがよい。

[日沖博道,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

 訪日外国人の姿が目立つようになったこのごろ。東京およびその他の観光地で、妙な日本語がプリントされたTシャツを着ている若い外国人旅行者らしき人たちを目にすることがある。

 きっと外国出身の人が外国人旅行者向けにプリントしたもので、買う人も「これ日本語で、クール」とか考えたのだろう。一種の愛敬すら感じる、微笑ましい光景かもしれない。

 しかしそれはあくまで、言葉の分からない外国人にとっても概ね安全な日本での話だ。海外ではちょっと事情が違う。

 例えばあなたが旅行する異国の大都会で、現地言語で書かれたTシャツを買ったとしよう。そこに書かれているのが支離滅裂な文章だったり、またはとんでもない非常識なセリフだったりしたらどうだろう。しかもあなたはそのことをしらない。

 現地の人の大半は「この外国人旅行者は意味も分からずにこんなバカなTシャツを買ってしまったんだな」と内心少し憐れむだけだろう。もしかすると(可能性は限りなく低いが)奇特な地元民が親切にも「困っていませんか?」と声を掛けてくれるかもしれない。

 しかし外国人旅行者をだまして小遣い稼ぎやいたずらをしようと考えている不届き者は、日本人が想像する以上に海外の大都市には多い。そうした輩にとっては、「私はこの国の言葉を理解できません」と公言しているようなTシャツを着ている外国人旅行者は絶好のターゲットなのだ。

よく分からない現地語Tシャツにご注意を(写真はイメージです)
       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集