ニュース
» 2017年08月31日 16時10分 公開

「播州赤どり天丼」:天丼てんや、秋の新作は「チーズフォンデュ天」

「天丼てんや」が秋の新作を発表。「松茸かき揚げ天丼」と“チーズフォンデュ天”を乗せた「播州赤どり天丼」を期間限定販売する。

[ITmedia]

 ロイヤルホールディングス傘下の外食チェーン「天丼てんや」は、秋の季節限定新商品「松茸かき揚げ天丼」と「播州赤どり天丼」を9月7日〜10月19日に販売する。「播州赤どり天丼」には、初登場の「チーズフォンデュ天」をのせたという。

「天丼てんや」の秋の新作は「松茸かき揚げ」と「チーズフォンデュ」

 「松茸かき揚げ天丼」は、松茸に銀杏とほうれん草を合わせたかき揚げをメインにした商品。福岡の郷土料理「いわし明太」の天ぷらと、北海道産の皮付きじゃがいもを丸ごと揚げた天ぷらも添える。価格は797円(以下税別)。

「松茸かき揚げ天丼」

 「播州赤どり天丼」は、兵庫県北播磨地域の「播州赤どり」の天ぷらと、ポテトや玉ねぎをチーズクリームソースに絡めたものを天ぷらにした「チーズフォンデュ天」が乗ったメニュー。「ガーリックと白ワインで仕上げた深みのある味わいに加え、外はサクッ、中はとろ〜りとした食感を楽しめる」という。価格は676円。

初登場の「チーズフォンデュ天」

 てんやは季節限定で“変わり種”の商品を出すことがあり、4月にはハンバーグを天ぷらにした「Wハンバーグ天丼〜BBQソース」、6月には豚の角煮天を乗せた「豚角煮天丼」を提供している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集