ニュース
» 2017年09月01日 18時29分 公開

ブランドイメージの回復へ:新生ドムドム、「お好み焼きバーガー」18年ぶり復活

ドムドムハンバーガーが、販売休止していた「お好み焼きバーガー」「バターコーン」と新メニューの「ビッグドムバーガー」を販売開始した。

[ITmedia]

 ハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」を運営するドムドムフードサービスは9月1日、販売休止していた「お好み焼きバーガー」「バターコーン」と新メニューの「ビッグドムバーガー」を販売開始した。不振脱出に向けたブランドイメージの回復が狙い。

photo 9月から販売する新メニュー

 お好み焼きバーガーは、ソースとマヨネーズをかけたお好み焼き、目玉焼き、キャベツをバンズでサンドしたもので、価格は340円(税込、以下同)。1993年から発売し人気メニューとなったが、96年に一度販売を終了。その後は98年と99年に半年間ずつ復活キャンペーンを展開したものの、その後は販売されていなかった。

 バターコーン(220円)は、80〜97年に販売されており、人気を誇ったサイドメニュー。

 新メニューのビッグドムバーガー(390円)は、ビーフパティを2枚使用したボリューミーなハンバーガー。具材にはスライスオニオン、スライスピクルス、グリーンリーフを使用している。

“日本最古のハンバーガーチェーン”も近年は低迷

 ドムドムハンバーガーは70年に誕生。日本マクドナルド(71年)やモスバーガー(72年)より早くから営業している“日本最古のハンバーガーチェーン”として知られる。しかし、近年はかつての親会社であるダイエーの不振に伴って店舗数が減少。売上も低迷していた。

photo ドムドムハンバーガーのメニューの一部

 古参ファンの多い同チェーンの立て直しに向け、ホテル事業などを手掛けるレンブラントホールディングス(神奈川県厚木市)が5月、ダイエーグループからドムドムハンバーガー事業を買収。傘下のレンブラント・インベストメントが出資する形で、運営会社のドムドムフードサービスを設立した。

 レンブラントは準備期間を経て、9月から旧メニューの復活など再建に向けた施策を打ち出す方針を明らかにしていた。

 ドムドムフードサービスの担当者は、「運営状態は回復基調にある。今後も10月と12月にイベントを開催し、改善に向けた取り組みを続けていく」と話している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集