ニュース
» 2017年09月06日 17時05分 公開

ファミリーフレンドリー休業制度:日本マイクロソフト、6週間有給の育児・養子休業制度

日本マイクロソフトが「ファミリーフレンドリー休業制度」を導入。出産・育児・介護休業を有給で取得できる制度。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトは9月6日、「ファミリーフレンドリー休業制度」を導入したと発表した。出産休業、配偶者やパートナーの出産時や養子縁組の際の育児休業、看護・介護休業を一定期間有給で認める制度。「働き方改革」の一環として導入する。

日本マイクロソフトが「ファミリーフレンドリー休業制度」を導入

 これまで出産休業、育児休業、養子休業は無給だったが、新制度では20週の有給の出産休業と、6週の有給の育児・養子休業を取得できる。

 また看護・介護休業は、これまでも5日間有給を取得できる「ファミリーケア休暇」制度があったが、新制度でさらに年に20日の有給休暇を取れるようになった。

これまでの制度からどう変わった?

 「仕事の効率・生産性の向上に加え、家族との絆を深めていくことにも役立ててほしい」といい、社員にとって働きがいのある会社としての魅力向上や、企業の成長につなげたいとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集