ニュース
» 2017年09月11日 17時40分 公開

12月1日出荷分から:キユーピーが「うずら卵」値上げ 飼料高騰、農家減少

キユーピーが、家庭用・業務用のうずら卵商品の価格を12月1日出荷分から値上げすると発表。

[ITmedia]

 キユーピーは9月11日、家庭用・業務用のうずら卵商品を12月1日出荷分から値上げすると発表した。飼料価格の高騰と、うずら農家が減少しているためという。

 家庭用商品の値上げは2008年以来9年ぶり。業務用商品は16年6月にも値上げしている。

 対象は家庭用が「サラダクラブ うずら卵水煮(国産)」と「玉九 うずら卵水煮」の2種類。前者は120円(税別、以下同)から130円に、後者は200円から217円に値上げする。

photo サラダクラブ うずら卵水煮
photo 玉九 うずら卵水煮

 業務用は「ほしえぬ うずら卵水煮」(50個入り・200個入り)、「ゆでうずら卵」(100個入り)、「ほしえぬ 味付けうずら卵(しょうゆ)H」(50個入り)――など。価格はオープンで、値上げ幅は8.5%〜11.5%となる。

photo 値上げする業務用商品の一覧

 キユーピーは「近年のうずら農業を取り巻く状況は厳しく、飼料価格は12年からの5年間で約30%値上がりしている。うずら農家は、07年からの10年間で半減している」(広報担当者)と背景を説明する。

 「これまでは企業努力によるコスト削減に取り組んできたが、価格の維持が難しいためやむを得ず値上げに踏み切った」(同)と話している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集