ニュース
» 2017年09月15日 16時58分 公開

サービス開始50日間で:「LINEデリマ」、会員登録数150万人突破 女性7割

フードデリバリーサービス「LINEデリマ」の会員登録数が、サービス開始50日間で150万人を突破した。

[ITmedia]

 LINEは9月15日、フードデリバリーサービス「LINEデリマ」の会員登録数が14日時点で150万人を突破したと発表した。東京都以外に住むユーザーが全体の7割を占め、男女比は女性が多く約7割。20代が約4割と、若者の利用が多いという。

LINEデリマの会員登録数が150万人を突破
東京都以外に住むユーザーが全体の7割
約7割が女性
20代が約4割

 LINEデリマは7月26日にスタートしたデリバリーサービス。メッセージアプリ「LINE」アプリ上から検索・注文できる手軽さをアピールする。全国1万4000店舗が参加しており、ピザ、すし、カレー、牛丼などさまざまなジャンルのメニューを注文できる。

 フードデリバリーサービスは「楽天デリバリー」や「UberEATS」など事業者が増えてきている領域。高齢者世帯、独身世帯、女性の社会進出による共働き世帯の増加といった社会背景から、食品宅配のニーズは今後さらに高まるとみられている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集