ニュース
» 2017年09月20日 11時57分 公開

「総合的な経営判断」:O157感染 総菜店「でりしゃす」全店閉店

総菜を食べた人らがO157に感染した問題で、総菜店「でりしゃす」全店が営業終了。

[ITmedia]

 群馬、埼玉両県の総菜店「でりしゃす」の総菜を食べた人らが腸管出血性大腸菌O157に感染した問題で、運営するフレッシュコーポレーション(群馬県太田市)は9月20日、群馬、栃木、埼玉各県にある全店を閉店すると発表した。

photo 「でりしゃす」の紹介=フレッシュコーポレーションのWebサイトより

 同社は「所轄保健所によるオープン再開後の立ち入り検査では、重大な指摘事項はいただいておりません」とする一方、「総合的な経営判断の結果」、19日の営業を最後に全17店舗を閉店した。

 でりしゃすは、スーパー「フジマート」などを展開する同社が運営する総菜店で、和洋中の総菜を客が好きな分量だけ取り分けて購入するスタイルだった。同社はゼンショーが2016年に買収していた。

 この問題で、O157感染者は11都県に及んでいる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集