ニュース
» 2017年10月04日 15時25分 公開

「より気軽に、低コスト」うたう:「Origami Pay」、“QRコード印刷”方式で中小にアピール

スマホ決済アプリ「Origami Pay」が10月末から「ステッカーQRコード決済」をスタート。ステッカーにあらかじめ印刷してある2次元コードを読み込み決済する仕組み。

[ITmedia]

 スマートフォン決済アプリ「Origami Pay」を展開するOrigamiは、あらかじめ印刷して店頭などに掲示した2次元コード(QRコード)を読み取って決済する「ステッカーQRコード決済」を10月末から開始する。より手軽で低コストにスマートフォン決済を導入できる新方式で、中小規模の事業者の加盟を促す。

 ステッカーに印刷された2次元コードを購入者がスマートフォンで読み込み、決済を行う仕組み。従来はiPad上で2次元コードを生成していたが、機材購入コストなどで導入に踏み切れないという声もあったという。新方式のステッカーは何度でも決済に使うことができ、手軽に店頭スマホ決済を提供できるとしている。

ステッカーQRコード決済のイメージ

 2次元コードは加盟店側が支払い時のみ有効化するため、「コードの改ざんなどの不正行為へも対応でき、安心して利用できる」という。また、インターネットに接続できる端末があれば有効化が行えるため、導入コストが低いのが特徴。

2次元コード有効化のイメージ。加盟店が支払金額を入力し、コードを有効化する

 2次元コードを使ったスマホ決済は中国で普及している。Origami Payは2016年5月にサービスを開始し、現在はローソン、ワタミグループ、阪急百貨店など約2万店舗が導入している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集