調査リポート
» 2017年11月07日 15時44分 公開

恋心だけで結婚はできない?:結婚相手に求める条件、男女で大きな差が出たのは?

楽天リサーチが結婚に関する調査結果を発表。結婚相手に求める条件は、とある項目が男女で大きな差が出る結果に……。

[ITmedia]

 楽天リサーチは11月7日、結婚に関する調査結果を発表した。結婚相手に求める条件のトップ3には、全体では「一緒にいて気が楽」(68.3%)、「価値観が近い」(67.8%)、「一緒にいて楽しい」(53.1%)が並んだ。男女別では「経済力」と「家事」について差が出る結果だった。

 最も大きな差が出た項目は「経済力」。男性は8.6%にとどまったのに対し、女性は半数以上の55.5%と、46.9ポイントの大差がついた。「家事や家計を任せられる」は男性が20.9%に対し、女性は9.9%で、男性の方がパートナーに家事を担ってほしいと求めているようだ。その裏返しのように、「家事が分担できる」を求める女性は25.5%(男性は12.0%)に上った。

結婚相手に求める条件(=楽天リサーチ)
男女別では「経済力」「家事」で差が出た

 「結婚していて思うこと」について、女性の43.8%が「経済的な安定を得られる」と回答。その一方で、31.4%が「家事の負担が増えた」と感じている。男性はそれぞれ19.5%、7.4%で、男性と女性で経済負担と家事負担への意識が異なることが分かった。

既婚者に聞く「結婚していて思うこと」

 未婚者の結婚しない理由のトップは「結婚したいが相手がいない」(39.7%)、2位は「経済的に十分な生活ができるか不安なため」(26.4%)だった。結婚生活を始めるために必要な夫婦の合計年収は、「400万〜500万円未満」が最も高く、「300万〜400万円未満」「500万〜600万円未満」と続いた。

結婚しない理由

 未婚者が結婚したいと考える平均年齢は34.0歳。なお、国税庁の2016年分民間給与実態調査によると、男性の平均給与は30代前半になると400万円台に乗る(30〜34歳の平均給与は男性457万円、女性315万円)。

 10月13〜14日に、全国の20〜60代男女を対象にインターネットで調査し、1000件の回答を得た。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集