ニュース
» 2017年11月16日 15時14分 公開

フォトスポットに注目:「少女革命ウテナ」20周年記念展 「暁生カー」池袋に登場 (1/2)

「少女革命ウテナTVアニメ放送20周年記念展〜薔薇と革命の記憶、絶対運命黙示録〜」が開催中。アニメの世界観を表現した展示会で、「暁生カー」などの充実フォトスポットに注目。

[青柳美帆子,ITmedia]

 「少女革命ウテナTVアニメ放送20周年記念展〜薔薇と革命の記憶、絶対運命黙示録〜」(11月16〜20日)が東京・池袋の東武百貨店池袋店で開かれている。1997年放送の人気アニメ「少女革命ウテナ」の20周年を記念したイベントで、原画、セル画、キービジュアル、設定資料など約450点を展示している。1万人の入場を見込む。

「少女革命ウテナ」20周年を記念した展示会が開催している

 アニメの世界観を表現した展示会だ。バラの門をくぐり抜けると、キャラクターの原画・セル画や、背景美術の設定が並ぶ。全39話のアニメと劇場版のストーリーの流れを、展示を見ていくことで追いかけられる。初期設定資料や貴重なグッズに目を奪われるとともに、幾原邦彦監督のメッセージ、早逝した声優・川上とも子さんのご家族からのコメントなど、思わず涙腺が緩むようなコーナーも。

バラの門を潜り抜けて入場する
「薔薇(バラ)の花嫁」姫宮アンシーのまとうドレス
主人公・天上ウテナのコスチュームも

 大きな特徴の1つは、随所に配置された「フォトスポット」。写真撮影が可能な作中名シーンの再現コーナーで、キャラクターになり切ったり、作品の世界に入り込んだ気持ちになる。

 記念展のコンセプトを作り上げたムービック・プロモートサービスの良知生朗さんは「20周年を記念した展示会なので、『この世界に来たかった』というファンや自分自身の願望をかなえてみたかった」とこだわりを話す。そんな良知さん自身も「ウテナ」ファン。幾原監督が2011年に手掛けたアニメ「輪るピングドラム」にハマったことをきっかけに、さかのぼって見たと語る。

 同社がコンセプトを手掛ける展示会ではフォトスポットを設けることが多いといい、「フォトスポットは人気。写真をたくさん撮ってほしい」と話す。本展のイチ押しは、トリックアートの仕組みを利用し、車(暁生カー)のボンネットの上でポーズを撮れるコーナーだという。

鳳暁生の胸に飛びこむと……
暁生カーがお目見え
暁生になり切ったつもりで記念撮影ができる
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集