ニュース
» 2017年11月22日 12時50分 公開

「無料で配りまくる」:ZOZOのPBは「ZOZO」 瞬時に採寸するセンサー内蔵スーツを無料配布

「ZOZOTOWN」のプライベートブランド(PB)は「ZOZO」に。センサー内蔵のボディースーツ「ZOZOSUIT」を開発し、無料配布する。

[ITmedia]

 ファッションECサイト「ZOZOTOWN」を展開するスタートトゥデイは11月22日、プライベートブランド(PB)を「ZOZO」と名付け、11月末にから商品販売に乗り出すと明らかにした。身に付けると瞬時に体型を採寸できるという、センサー内蔵のボディースーツ「ZOZOSUIT」を開発し、無料配布も始めた。

photo センサー内蔵ボディースーツ「ZOZOSUIT」
photo PBは「ZOZO」

 年内のPB参入を予告していた。ZOZOTOWNに続く第2の収益の柱として育て、数年内にZOZOTOWNの事業規模を超えることを目指す。

 前澤社長は10月30日の決算会見で、PBについて、「中途半端なPBを出してもしょうがない。全く新しいことをしないといけないという思いから準備に時間がかかった。『ファッションが好きではない』と思っている方に理由を聞いていく中で、根源的な課題を見つけた。PBはその世界共通課題を解決するようなブランド。成功した暁には、世界中のアパレルを超えていくようなブランドになると思っている」と述べていた。

 PBのコンセプトは「科学やテクノロジーの力で実現する究極のフィット感」。これを実現するために無料配布するのが「ZOZOSUIT」だ。伸縮センサーを内蔵しており、上下セットで着用し、ZOZOTOWNアプリをインストールしたスマートフォンをかざせば採寸が終了するという。

 前澤社長はZOZOSUITについて、「街頭やコラボ企業経由等、圧倒的な速度で世界中で無料で配りまくり、体重計や体温計のように一家に一台の存在にします。そして、世界中のお客様の体型を最も知り尽くした企業となり、そのデータを元に一人一人にピッタリの服を提供する、世界でも類を見ないファッション企業を目指します」と説明している

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集