ニュース
» 2017年11月28日 16時04分 公開

ノミネート理由を解説:17年の「ブラック企業大賞」9社ノミネート NHKなど

“今年1番のブラック企業”を決める「第6回ブラック企業大賞」のノミネート企業9社が発表。NHK、パナソニック、ヤマト運輸などが名を連ねた。

[ITmedia]

 ブラック企業大賞企画委員会は11月27日、“今年1番のブラック企業”を決める「第6回ブラック企業大賞」のノミネート企業を発表した。女性記者が過労死したNHK(日本放送協会)、富山工場勤務の男性社員が過労自殺したパナソニックなど9社がノミネートされた。

 「大賞」「業界賞」などの各賞は12月23日に発表される。ノミネート企業と、主な選定理由は以下の通り。

photo 「ブラック企業大賞」の公式サイト

2017年のノミネート企業

・ゼリア新薬工業: 2013年4月に新人研修を受けていた男性社員が、研修を委託されていた企業の講師によって、大勢の同期の前でいじめを受けていた過去を告白させられる。男性が研修報告書に「先生(講師)を見返したい」との旨を記したところ、講師は「いつまで天狗(てんぐ)やっている」などとコメント。男性は精神疾患を発症し、研修期間中の帰宅途中に自殺した。

・いなげや: 14年5月に、男性社員が勤務中に突然ろれつが回らなくなり、緊急搬送されて入院。一時は仕事復帰したが、その後店舗の駐車場で倒れている所を顧客に発見され、意識が戻らないまま脳血栓で死亡した。男性の発症前4カ月間の残業時間は平均約76時間。無給のサービス残業も行っていたという。

・パナソニック: 16年6月、富山工場(富山県砺波市)で月間残業時間が100時間を超えていた男性社員が過労自殺。その後の調査で、同工場では社員3人が最長で月間97〜138時間の残業を行っていたことも発覚している。

・新潟市民病院: 16年1月、女性研修医が睡眠薬を服用して自殺。女性の月間残業時間は平均187時間に上っていた。だが、女性は時間外労働を48時間として申告。病院側が「(残業は)学習が目的で、労働時間に当たらない」と捉えていたためという。

・日本放送協会(NHK): 13年7月、女性記者がうっ血性心不全で死亡。死因は都議選・参院選の取材などの長時間労働による過労。亡くなる直前の月間残業時間は約160時間に上った。

・引越社グループ: 「引越社関東」に所属していた男性営業社員をシュレッダー係に“左遷”したり、懲戒解雇にしたりといった処分を下した。懲戒解雇にした際は、男性の顔写真と過去理由を掲載した「罪状ペーパー」を店舗に掲示したり、社内報として配布したりした。

・大成建設/三信建設工業: 両社は20年の東京オリンピック・パラリンピックで使用する「新国立競技場」の建設を担っている。大成建設は元請け企業、三信建設工業は1次下請け企業。17年3月、三信建設工業の新人男性社員が過労自殺。自殺直前の月間残業時間は約190時間に上った。

・大和ハウス工業: 17年9月、男性社員に違法な長時間労働を課していたことが発覚。男性は事務所内に隠れて深夜まで作業していたという。男性の月間残業時間は15年5月には109時間に到達。うつ病を発症し、16年5月には退職を余儀なくされた。

・ヤマト運輸: 16年12月〜17年5月にかけて、セールスドライバーやパート従業員への残業代未払いが相次いで発覚。17年9月には、博多北支店(福岡市)のスタッフに月間102時間もの長時間労働を課していたことも発覚した。

 16年の「ブラック企業大賞」は、女性社員が過労自殺した電通が受賞している。

photo 16年の結果=「ブラック企業大賞」公式サイトより

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集