ニュース
» 2017年11月28日 21時50分 公開

新サービス「nicocas」発表も……:「niconico」は復活できるのか

ドワンゴが運営する動画プラットフォーム「niconico」が苦境に立っている。リリースが延期している新バージョン「niconico(く)」の新機能についての発表会を行ったが、ユーザーからの反応は冷ややかだった。

[青柳美帆子,ITmedia]

 「niconico」が苦境に立っている。かつては動画プラットフォームの第一人者として独自の文化を形成していたが、ユーザー離れが加速し、他社に押されているのが現状だ。巻き返しの一手として準備を進める新バージョン「niconico(く)」(読みは「クレッシェンド」)は、10月にリリースを予定していたが延期をしている。

新バージョン「niconico(く)」は復活の一手となるか

 ドワンゴは11月28日、六本木・ニコファーレで新サービス発表会を実施。川上量生会長が登壇し、新サービスを説明した。Web上で同時配信を行い、累計視聴者4万3000人、コメント数は15万に上った。しかし、最後に行った視聴者アンケートの結果は「良くなかった」が87%。大多数のユーザーにとって期待を裏切る発表となった。

 今回発表されたのは、「niconico(く)」とともに実装される新インタフェース「nicocas(ニコキャス)」と、生配信についてのさまざまな新機能。

 (1)配信前に流せる「オープニング」、(2)配信終了時に流せる「エンディング」、(3)アンケート機能「ニコニコQ」、(4)配信者と視聴者が遊べるミニゲーム「ニコ割ゲーム」、(5)一時離席の際に広告などを流す「休憩する」、(6)「niconico」上の動画や生放送を映せる「引用する」、(7)スマートフォンのカメラにワンタッチで切り替えられる「マルチカメラ」、(8)新機能などを簡単に起動できるスペース「ニコニコ新市場」、(9)他の動画などを探すことができる「クルーズ」――など、ユーザー配信を強化する内容。「niconicoは、コメントをはじめとする双方向性が支持されたサービス。その部分を強化し、本来のサービスの良さを伸ばしたい」(川上会長)という。

「オープニング」「エンディング」
「ニコ割ゲーム」「ニコニコQ」
「引用する」
マルチカメラ

 しかしユーザーにとっては、期待外れの発表となったようだ。マルチカメラと引用機能は好反応だったが、それ以外の新機能は冷ややかに受け入れられた。

 ユーザーの反応について川上会長は「niconicoが現状批判されているのは、画質の悪さと再生の重さの問題が改善されていないため。まだ改善していない段階で新機能が出ることに対しての反発があると思っている。画質と重さの改善と一部前後する部分があるが、両方とも進めていきたい」と話す。

 niconicoへの不満としてよく挙げられるのが、「画質と重さの問題」と、「月額有料サービスのプレミアム会員でいることのメリットの薄さ」だ。プレミアム会員がサービスの収益を支えているモデルだが、会員数減に歯止めがかからない。大きな2つの不満に対して改善発表がなかったために、ユーザーは失望感を見せた。

 新バージョンのリリースの遅れを川上会長は「本当に申し訳ない。『(く)』は失敗できないため、遅らせようという決断になった」と謝罪し、2月28日の提供開始を予定すると発表。それまでに体験会や新情報を解禁していくとした。また、他社サービスと比べて遅れているスマートフォン対応や、プレミアム会員特典の今後の方針についても、次回以降説明会を行うという。

 一時代を築いた「niconico」は復活できるのか。画質と速度という「基本性能」の改善が形になるまでは、ユーザーの不満は止まらないだろう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集