ニュース
» 2017年11月30日 16時55分 公開

大企業で人手不足が顕著に:企業の約半数が「正社員不足」 過去最高を更新

正社員が不足している企業は49.1%――帝国データバンク調べ。

[ITmedia]

 正社員が不足している企業は49.1%――帝国データバンクの調査でこんな結果が出た。3カ月前(7月)から3.7ポイント増加し、過去最高を更新した。

photo 従業員の過不足感
photo 正社員・非正社員の「不足」 推移

 規模別に見ると、大企業の56.4%が人手不足であり、3カ月前から4.6ポイント増加。「大企業における人手不足感は一段と強まっている」(同社)ようだ。

 業種別では「情報サービス」(70.9%)が最も多く、7割を超えた。次いで「メンテナンス・警備・検査」(64.3%)、「運輸・倉庫」(63.7%)、「建設」(63.5%)――と続いた。

 非正社員が不足している企業は31.9%。業種別では「飲食店」(80.5%)、「飲食料品小売」(60.9%)、「人材派遣・紹介」(59.1%)、「メンテナンス・警備・検査」(55.2%)などが多かった。「上位10業種中、5業種が小売や個人向けサービスとなっており、消費者と接する機会の多い業種で不足感が高い」(同社)という。

photo 従業員が不足している上位10業種

 10月18〜31日にネットを使って調査し、1万214社が回答した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集