ニュース
» 2017年12月06日 18時21分 公開

検索結果の60%に影響:Google検索、信頼性高い医療情報を上位に アルゴリズム変更

Google日本法人が、検索エンジンのアルゴリズムをアップデートしたと発表。信頼できる医療情報が上位に表示される仕様になったという。

[ITmedia]

 Google日本法人は12月6日、検索エンジンのアルゴリズムをアップデートしたと発表した。医療・健康に関する情報を日本語検索した際、専門家が提供した信頼度の高いWebサイトが上位に表示されやすくなったという。

 今回のアップデートは、医療・健康に関する検索結果の約60%に影響するとしている。

photo Google検索のアルゴリズムがアップデート

 Googleが医療・健康情報の検索クエリを分析した結果、専門用語ではなく日常会話レベルの平易な言葉が多用されていることが分かったという。こうした検索方法では一般ユーザーは質の高い医療・健康情報にアクセスしづらいため、状況を変えるためにアルゴリズムを刷新した、と説明している。

 ネットでの情報発信に携わる医療従事者に対しては、Google検索によるWebサイトへの流入数を確認できる無料ツール「Search Console」の活用を推奨。専門用語を検索されやすい単語に言い換えることで、質の高い情報がヒットしやすくなるためという。

photo 「プール熱」で検索した結果。医療関連事業者や製薬会社のページが上位に表示されている。

 2016年末、ディー・エヌ・エー(DeNA)が運営していた医療系キュレーションメディア「WELQ」で信頼性の低い医療関連記事が掲載されていた問題が発覚して以降、Web上の医療・健康情報の正確性が問われている。こうしたサイトを上位に表示していたGoogleを批判する声も上がっていた。

 Googleは「今後も継続的に検索の改善に取り組む」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集