コラム
» 2017年12月12日 07時31分 公開

関係者は注目しているが:大学就職ランキングは「ナゾ」すぎる (1/3)

空前の売り手市場で学生優位な環境が続いている。大学関係者は「就職ランキング」にかなり注文しているが、そもそもこの種のランキングって意味があるのだろうか。

[増沢隆太,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

著者プロフィール:

増沢隆太(ますざわ・りゅうた)

株式会社RMロンドンパートナーズ代表取締役。キャリアとコミュニケーションの専門家として、芸能人や政治家の謝罪会見などをコミュニケーションや危機管理の視点で、テレビ、ラジオ、新聞等において解説している。大学や企業でのキャリア開発やコミュニケーション講座を全国で展開中。著書「謝罪の作法」他多数。


 空前の売り手市場で学生優位な環境が続く就職状況ですが、大学としては受験・入学者数にも影響する大きな問題であり、学生や親、さらに大学関係者などから「就職ランキング」的なものにはかなり注目しています。しかしこの種のランキングって意味あるんでしょうか? そのレーティング(格付け)への信頼は?

(1)高校の進路指導教諭が選ぶ怪

 就職ランキングはさまざまあり、就職率をランク付けしたものや、大企業・社員数1000人以上企業・上場企業などへの入社者数・率などをソースにしたものなどがあります。また中には高校の進路指導教諭が選ぶ「就職に力を入れている大学」ランキングといったものもあり、そもそもランキングは統一された基準でのレーティングではないのです。

 だが、ちょっと待ってください。高校教員が選ぶ? 何じゃそれ?

 採用企業が選ぶならまだしも、実際の就職やビジネスの世界とずいぶん遠いところで選ばれたランキングです。やはり受験など、高校教員の先生方の専門性が発揮される視点でのランキングであれば意味あると思いますが、就職への評価は明らかに先生方の専門外のはず。現実のビジネスとはあまりにかけ離れたランキングではないでしょうか。

 評価はその結果が派手なためにランキングが独り歩きしがちです。しかししっかりその評価の基準や手法を理解した上でないと、単なる発信者からのメッセージをうのみするだけの行為になってしまいます。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2018 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集