ニュース
» 2017年12月12日 19時06分 公開

スキルも簡単に授受できる世界へ:メルカリ、スキルシェアサービス「teacha」来春開始 対価はユーザーが設定

メルカリが、スキルシェアサービス「teacha」を2018年春にスタートする。「学びたい人」と「教えたい人」をマッチングするもので、対価はメルカリと同じくユーザー自身が設定する。

[ITmedia]

 フリマアプリを運営するメルカリは、スキルシェアサービス「teacha」(ティーチャ)を2018年春にスタートする。語学や趣味などのスキル・知識を「教えたい人」と「学びたい人」をマッチングするC2Cサービスで、メルカリと同じく対価はユーザー自身が設定する仕組みになるという。

photo メルカリが、スキルシェアサービス「teacha」(ティーチャ)を2018年春にスタートする

 利用時間は1時間単位とし、プログラミング、資格、料理、音楽、スポーツといった分野での利用を想定する。スマートフォンアプリ(iOS・Android)のほか、Webサービスの提供も予定する。

 メルカリは手数料収入を得る計画だが、詳細な収益モデルは検討段階だという。

 12月12日から公式サイトで事前登録の受け付けを開始。事前登録したユーザーは来年以降のテスト開始時に、対応エリアに合わせて招待が届くという。

 また同社は、(1)学びの場となる空きスペースを提供する企業、(2)教える環境を探している教育関連企業、(3)生涯学習の推進を検討する地方自治体――といったパートナー企業の募集も始めている。

photo サービス開始の背景と、パートナー企業の募集要項

 メルカリは「当社は、誰もが簡単にモノを売買できる世界を実現してきた。モノと同じく、知識やスキルも簡単に教えたり学んだりできる世界も実現したいと考え、teachaの開始を決めた」(広報担当者)としている。

 サービスの運営は、メルカリ傘下のソウゾウが担う。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集