ニュース
» 2017年12月13日 11時45分 公開

書店づくりに生かす:「TSUTAYA」のCCC、主婦の友社を買収か

「TSUTAYA」などを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブが、主婦の友社を買収する方針を固めたと一部が報じた。

[ITmedia]

 「TSUTAYA」などを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が、中堅出版社の主婦の友社を買収する方針を固めたと一部が12月13日報じた。

photo CCCの公式Webサイト

 同日付の日本経済新聞によると、CCCは主婦の友社の発行済み株式の9割超を筆頭株主の大日本印刷から数億円で購入する予定という。競合する米Amazon.comに対抗する狙いで、主な読者層である主婦向けのマーケティングのノウハウを書店づくりに生かす方針としている。

 女性向けの老舗出版社として知られる主婦の友社は、女性誌「Ray(レイ)」「S Cawaii!(エスカワイイ)」「GISELe(ジゼル)」のほか、料理本・園芸本を中心に発行している。

 CCCはITmedia ビジネスオンラインの取材に対し、「当社が発表したものではないため、コメントを差し控える」(広報担当者)と述べた。

photo 主婦の友社の公式Webサイト

 CCCはCD・DVDレンタル事業の売上高が減少傾向にあり、書店事業の拡大に注力している。近年は「美術手帖」発行元の美術出版社、ライフスタイル雑誌「GoodsPress」などを出版する徳間書店を買収。「Pen」「Newsweek」を出版するCCCメディアハウスなども傘下に持つなど、コンテンツ分野への進出を積極化している。

 出版社の知見を生かした書店づくりも始めており、今年4月には美術出版社が企画に加わったアート専門書店「銀座 蔦屋書店」を商業ビル「GINZA SIX」(東京・中央区)内にオープンした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -