ニュース
» 2017年12月13日 12時33分 公開

時価総額6000億円:佐川急便の親会社が上場 初値は1900円

12月13日の株式市場で、SGホールディングスが東証1部に新規上場。1900円の初値を付けた。午前の取引を終えた時点での時価総額は5988億円。

[ITmedia]

 12月13日の株式市場で、佐川急便グループの持ち株会社SGホールディングス(HD)が東証1部に新規上場した。取引開始から約30分後の午前9時33分に売買が成立し、公開価格(1620円)を17.3%上回る1900円の初値を付けた。

photo SGホールディングスの株価の動き(Yahoo!ファイナンスより)

 午前9時43分には1945円を付ける場面があったが、その後やや下げ、公開価格から15.4%増の1870円で午前の取引を終えた。午前終値ベースの時価総額は5988億円。

 同日、SGHDが発表した2018年3月期上半期(17年3〜9月)の連結決算は、売上高が4815億円、営業利益が290億円、純利益が167億円。通期の見通しは、売上高が1兆円、営業利益が580億円、純利益が330億円。

photo SGホールディングスの連結業績

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集