ニュース
» 2017年12月13日 19時33分 公開

「Anyca」アプリで開錠・施錠:レンタカーを無人で貸し出し JR東・DeNAが実験

JR東とDeNAが、レンタカーの貸し出し手続きを無人で行えるサービスの実証実験を12月18日〜2018年6月末に実施する。

[ITmedia]

 JR東日本とディー・エヌ・エー(DeNA)は12月18日〜2018年6月末に、レンタカーの貸し出し手続きを無人で行えるサービスの実証実験を行う。対象車両のハンドル付近に通信機器を搭載し、DeNAの個人間カーシェアリングサービス「Anyca(エニカ)」のiOSアプリ上の「スマートキー」を操作するだけで施錠・開錠できる点が特徴。

photo 「Anyca」のiOSアプリ上の「スマートキー」を操作するだけで施錠・開錠ができる

 地方での駅からの二次交通を整備し、ユーザーの利便性と地域の活性度を高めるのが狙い。JR東日本レンタリースの新潟県、福島県などの一部店舗が対象。1店舗当たり1台の日産「NOTE」を無人で貸し出す。

 予約・受け渡し、決済、スマートキーの操作はAnycaアプリ上で行う。価格は1日当たり4000円(税込)。

photo 対象店舗と料金体系

 車両を借りる際、ユーザーはAnycaアプリ上で予約とクレジットカード決済ができる。予約当日は店舗での手続きは不要で、スマートキーでロックを解除するだけで車両を利用できる。利用後は店舗の車庫で車を降り、スマートキーで施錠すると返却が完了する。

photo 車の利用・返却の流れ

 両社は「実証実験の結果を踏まえ、駅の周辺観光施設への二次交通の整備など、観光客や地域のお客さまのさらなる利便性向上に向けた検討を行う」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -