ニュース
» 2017年12月26日 17時29分 公開

アニメ事業を強化:TBS、「リリカルなのは」製作のアニメ会社を買収

TBSホールディングスが、人気TVアニメ「魔法少女リリカルなのは」などを手掛けたセブン・アークスグループを完全子会社化すると発表。アニメ事業をさらに強化する狙い。

[ITmedia]

 東京放送(TBS)ホールディングスは12月26日、人気アニメ「魔法少女リリカルなのは」シリーズなどを手掛けるアニメ制作会社のセブン・アークスグループを完全子会社化すると発表した。買収額は非公開。

photo セブン・アークスグループの公式Webサイト

 セブン・アークスグループは、持ち株会社アークトゥールス、アニメやゲームの企画と版権管理を手掛けるセブン・アークス、アニメ制作スタジオのセブン・アークス・ピクチャーズの3社。

 同グループは、「トリニティセブン」「大家さんは思春期!」「アイドルメモリーズ」などの制作と権利マネジメントも手掛けている。

 TBSは「マルチユースできるコンテンツ制作」を強化する方針を掲げており、同社の買収を機にアニメ制作や版権ビジネス、動画配信など、アニメ事業を強化する。

photo TBSホールディングスによる発表

 協業の第1弾として、2018年4月にTBS系列で放送予定のTVアニメ「されど罪人は龍と踊る」をセブン・アークスグループが制作する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -