特集
» 2018年01月12日 07時15分 公開

枡なのに新しい:「枡」だけで売り上げ4倍 伝統を守りながら伝える“面白さ” (1/4)

岐阜県大垣市にある枡の専門メーカー、大橋量器は、ユニークな商品開発などの取り組みを経て、売り上げを伸ばした。日用品として使われることが少なくなった枡の需要をどのように拡大したのだろうか。

[加納由希絵,ITmedia]

 「枡」だけで売り上げを4倍にした会社がある。

 岐阜県大垣市にある枡の専門メーカー、大橋量器だ。枡は、古くは計量器として、コメや酒などを計るための必需品だった。しかし、日常生活で使われなくなってから久しい。今ではお祝いの席で祝杯を挙げるときに使うイメージを持つ人が多いだろう。

 大橋量器は枡製造の技術を活用して開発したユニークな商品で知られる。五角形や八角形の枡や、色や柄を付けた「カラー枡」、傾けると光る「光枡(ひかります)」などが代表的だ。しかし、それらを生み出し、売り上げが増えるまでには、もがきながら地道に続けた、20年以上にわたる取り組みがあった。社長の大橋博行さんの挑戦を追った。

photo 大橋量器が製造している枡

伸び悩む売り上げ

 大垣市は枡の全国シェア8割といわれる。メーカーが集積しており、年間出荷量は200万個に上る。とはいっても、現在メーカーは5社しかない。全盛期の半分ほどに減ってしまった。1950年創業の大橋量器はその中の1社だ。

 大橋さんが入社したのは29歳のとき。バブル時代に外資系IT企業に入り、最先端のコンピュータを扱う営業マン生活を満喫していたが、結婚を機に家業を継ぐ道を選ぶ。伸び盛りの華やかな業界に身を置いていた反動もあり、入社後は「あまりにもローテク」な世界に気分が沈んだ。最初の年はやる気もなく「楽しくなかった」という。

 しかし、その年の売上高を見て意識が変わった。5600万円。記憶していた昔の売り上げの半分しかない。「子どもも生まれる。何とかしなければ」

 まず取り組んだのは、販路開拓と品質向上だ。売り先の大部分は酒造メーカーだったが、仲介する問屋との関係が悪く、売り上げを落としていた。そこで当時は全国に1500以上あった酒造メーカーに、販促品として直接売り込みを始めた。それと同時に、組目が甘く、液体が漏れてしまう商品をなくすために、製造する全ての商品に目を通して品質をチェックした。

 その取り組みを続けていくと、売り上げは持ち直してきた。4年後には8000万円を超えた。このまま上り調子でいくかと思ったが、翌年は7000万円台後半、その翌年は7000万円台前半と、落ちてきてしまう。消費者が選ぶお酒の種類は多様になり、酒造メーカーも日本酒用の販促品を大量購入するほどの余裕がなくなってきた。

 「第2の危機でした」と振り返る大橋さん。ここから、従来の形にとらわれない商品開発に向けて、試行錯誤が始まる。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集