ニュース
» 2018年01月12日 12時52分 公開

コスト削減に成功:イオン、PB「トップバリュ」100品目を値下げ

イオングループが、PB「トップバリュ」100品目を値下げする。対象は食品、酒類、日用品。コスト削減に成功したためという。

[ITmedia]

 イオングループは1月17日から、「イオン」「ダイエー」など全国の約2800店舗で、プライベートブランド(PB)「トップバリュ」の食品、酒類、日用品など計100品目を値下げする。「お客さまの生活環境の変化に対応するため」という。

photo イオングループが「トップバリュ」を値下げする

 具体的には、「生薬配合タウリン入りドリンク」(298円→158円)、「食器用洗剤 除菌タイプ 本体」(98円→88円)、「レギュラーコーヒー(オリジナル・モカ・キリマンジャロ)」(398円→378円)――など(価格は全て税込)。

photo 主な対象商品一覧

 値下げは約5カ月ぶり4回目。物流の効率化や仕入れ先の最適化によってコスト削減を実現したため、さらなる値下げに踏み切ったとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集