ニュース
» 2018年01月15日 16時32分 公開

東京商工リサーチ調べ:17年の休廃業・解散企業は2万8100社 主原因は……?

東京商工リサーチは2017年に休廃業・解散した企業数は2万8142件だと発表した。3年ぶりに前年を割り込んだ。

[ITmedia]

 企業調査会社の東京商工リサーチは1月15日、2017年に休廃業・解散した企業数は2万8142件だと発表した。前年比4.8%減で、3年ぶりに前年を割り込んだ。

休廃業・解散、倒産件数の年次推移 休廃業・解散、倒産件数の年次推移

 主な原因は経営者の高齢化。休廃業・解散した企業の代表者の年齢は、60代以上の構成比が83.4%に上り、高齢化による事業継続あるいは事業承継の難しさが鮮明となった。詳しく見ると、70代が最も多く36.1%、次いで60代の32.5%、80代以上の14.7%となった。60代以上および80代以上の構成比の数字は2000年以降で最高となった。

休廃業・解散企業 代表者の年代別構成比 休廃業・解散企業 代表者の年代別構成比

 産業別では、飲食業や宿泊業、非営利的団体などを含む「サービス業他」が7609件(構成比27.0%)で最も多く、建設業の7072件(同25.1%)、小売業の4024件(同14.3%)と続いた。前年との比較では、10産業の中で情報通信業だけ上回った。

 法人別では、株式会社が1万536件(構成比37.4%)でトップ。次に有限会社の8441件(同29.9%)、個人企業の7006件(同24.8%)という結果だった。個人企業は前年比4.3%増で、全体が4.8%減少する中での大幅増加となった。

休廃業・解散企業 産業別 休廃業・解散企業 産業別

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集