ニュース
» 2018年01月30日 13時22分 公開

高アルコールが人気:キリン「のどごし STRONG」 1週間で2000万本販売

キリンビールの「キリン のどごし STRONG」が発売から1週間で2000万本を販売。好調の理由は?

[ITmedia]

 キリンビールは、1月23日に発売した「キリン のどごし STRONG」(オープン価格)が、1週間で年間目標の約2割となる2000万本(350ミリリットル缶換算)を販売したと発表した。

 同商品は「キリン のどごし」シリーズの新商品。アルコール度数7%の高アルコールが特徴で、キリンビールは「低価格で飲みごたえがある」コストパフォーマンスの高さが好調の要因だと分析している。

 また、「節約志向の高まりで、アルコール度数の高い商品が人気だが、同時に『味には妥協したくない』という人も多い。独自の『高発酵技術』によって、力強い飲みごたえがありながら、すっきりとした後味を実現した」(キリンビール)という。

photo 「キリン のどごし STRONG」の販売が好調

 近年、消費者の節約志向により「手ごろな価格で酔いたい」というニーズが高まっており、「キリン 氷結 ストロング」など、高アルコールの「RTD」(缶酎ハイやカクテルなど)市場が伸び続けている。

 こうした背景から、サントリービールが2017年7月に「頂〈いただき〉」を発売し、アサヒビールが「アサヒ グランマイルド」(18年4月から発売)を発表するなど、ビールメーカー各社がビール類でも“ストロング系”を打ち出し始めた。

photo サントリービールの「頂〈いただき〉」。ビールメーカー各社がビール類でもストロング系を打ち出している

 キリンビールは「キリン のどごし STRONGの売り上げの次第で、今後、高アルコールビールの種類を拡充させていく可能性もある」と説明。

 「ビール類市場に『ストロング』という新カテゴリーを創造し、ユーザーの期待に応えていきたい」(キリンビール)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集