調査リポート
» 2018年01月30日 18時55分 公開

人材に広がり:国内YouTuber市場は219億円 1年で2.2倍に

国内YouTuberの市場規模は前年比約2.2倍の219億円――CA Young Lab調べ。

[ITmedia]

 サイバーエージェントグループの若年層マーケティング会社CA Young Labは1月30日、「国内YouTuber」市場動向の調査結果を発表した。2017年の市場規模は前年比約2.2倍の219億円で、順調に成長しているという。

 YouTuberとは、動画配信サイト「YouTube」上でチャンネルを開設し、動画で情報を発信する個人・団体のクリエイターの総称。再生数に応じたYouTubeからの広告収入、広告主との動画制作によるタイアップ広告収入、イベント・グッズ収入などを得ている。これらの収入の年間総額を推計・予測した。

 17年の市場規模は、YouTube広告収入139億円(前年比約2.5倍)、タイアップ広告収入63億円(57.5%増)、イベント・グッズ収入17億円(約4.3倍)で、合計219億円(2.2倍)。

17年の市場規模

 CA Young Labは「17年は複数人数でコンテンツを配信するYouTuberや、女性YouTuberが活躍し、YouTuberの人材層の広がりが見られた。配信されるコンテンツは、英会話、料理、メークなどのハウツー動画などさまざまなものが提供され、広告主とのタイアップの在り方にも多様化が見られた」と分析している。

 人気YouTuberの継続的な高い動画視聴数とYouTuberの緩やかな増加から、YouTube広告の収入は引き続き増加傾向。タイアップも非ゲームアプリ、家電、子供向け商材、エステやコスメなどの新しい広告主からの需要が増えている。また、人気YouTuberはグッズ販売やリアルイベントによる収入も増加すると見る。これらを背景に、2022年のYouTuber市場は579億円規模に拡大するとしている。

 CA Young Labとリサーチ会社のデジタルインファクトが共同で調査。17年10〜12月に関連事業者へのヒアリングや、データ・公開情報を収集しまとめた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集