ニュース
» 2018年02月07日 10時25分 公開

「フリマアプリナンバーワン」目指す:楽天、フリマアプリ「ラクマ」「フリル」を統合 メルカリを追う

楽天がフリマアプリ「ラクマ」と「フリル」を統合。「フリル」にユーザーとデータを集約し、サービス名称を「ラクマ」として運営する。

[ITmedia]

 楽天は2月7日、運営するフリマアプリ「ラクマ」と、グループ会社のFablicが運営する「フリル」を2月26日に統合すると発表した。「フリル」にユーザーとデータを集約し、サービス名称を「ラクマ」とする。

楽天「ラクマ」とFablic「フリル」が統合

 楽天は「ラクマ」を2014年に提供開始。16年に「フリル」を買収し、相互送客やサービス連携を行っていた。サービス統合によって経営資源を集中させ、運営の効率化やノウハウの融合を図るという。「楽天グループのサービスとの連携強化を通じて、会員数約9300万人の顧客基盤を生かし、フリマアプリ業界ナンバーワンを目指す」としている。

現在の「ラクマ」ユーザーに「フリル」(新「ラクマ」)への移行を進める

 現在の「フリル」ユーザーはそのままアプリを利用できる。現在の「ラクマ」は3月以降段階的に機能制限を行い、19年中にサービスを終了するため、移行を呼び掛けている。

 国内のフリマアプリは、「メルカリ」がダウンロード数トップ。2位の「フリル」と3位の「ラクマ」を統合させることで、メルカリの背中を追う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集