ニュース
» 2018年02月08日 16時33分 公開

カドカワは大幅減益:「ニコ動」有料会員、減少ペース加速 3カ月で14万人減

「ニコニコプレミアム会員」が17年12月末で214万人に。減少ペースが加速し、ユーザー離れに歯止めがかかっていない。カドカワも大幅減益。

[ITmedia]

 カドカワが2月8日発表した2017年4〜12月期連結決算によると、傘下のドワンゴが運営する「ニコニコ動画」の有料会員「ニコニコプレミアム会員」が17年12月末で214万人となり、9月末から14万人のマイナスだった。

photo 有料会員の減少が止まらない「ニコニコ動画」

 減少幅は、四半期として初めて減少に転じた16年12月末以降で最大。昨年11月末に新サービス発表会を開いたものの、対応にユーザーからの批判が相次いだ。ドワンゴはユーザーの意見に耳を傾けて改善を進めることを約束したが、有料ユーザーの流出が加速する結果になった。

photo 「ニコニコ動画」有料会員数の推移

 10〜12月の平均月間アクティブユーザー(MAU)は897万人と、前四半期から13万人減り、900万人を割った。平均日間アクティブユーザー(DAU)も11万人減り、298万人だった。

photo 「ニコニコ動画」の現状(=決算説明資料より)

 プレミアム会員は月額540円(税込)。混雑時も高画質のまま視聴できる機能や、「ニコニコ生放送」を優先的に視聴できる機能などを備えており、「niconico」サービスの根幹をなしている。

 ユーザー離れを防ぐため、ドワンゴは今後も(1)ログイン不要での動画視聴、(2)「ニコニコ生放送」の画質改善、(3)タイムシフト(録画)視聴の画質改善――などを行う。 新バージョン「く」(クレッシェンド)も2月28日にリリースする予定。

photo 「ニコニコ動画」の今後の方針(=決算説明資料より)

カドカワは大幅減益

 カドカワの2017年4〜12月期連結決算は、売上高は前年同期比1.0%増の1519億円だったが、営業利益が60.2%減の29億円、純利益が69.5%減の17億円と大幅な減益だった。

 プレミアム会員の減少に加え、「く」開発に向けた先行投資が増加した点が減益要因となった。主力の出版事業で、前年同期に人気映画「君の名は。」関連本がヒットした反動も大きかった。

 通期では、売上高が3.1%増の2120億円、営業利益が31.1%減の58億円、最終利益が39.3%減の35億円を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -