ニュース
» 2018年02月15日 18時11分 公開

難航した超巨大プロジェクト:みずほFG、次期勘定システムに6月から移行

みずほFGが次期勘定系システムへの6月からの移行を決めた。2度の大規模な障害を乗り越えてのシステム統一となる。移行後は処理速度向上などのメリットが得られるという。

[ITmedia]

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は2月15日、ATMでの入出金や口座管理を担う次期勘定系システムへの移行を6月から開始すると発表した。2000年のグループ発足後、2度の大規模な障害を乗り越え、ついにシステムを統一する。

photo みずほFGの公式Webサイト

 システム移行は19年上半期にかけて、週末や連休などに9回に分けて実施する。作業期間中はオンラインサービスを休止するほか、みずほ銀の全ATMが使用できなくなる。

 初回は6月9日午後10時〜11日午前8時に実施予定で、みずほ銀・みずほ信託銀のシステムの業務共通基盤を移行する。以降は7月〜19年2月にかけて、みずほ銀のシステムを7回に分けて移す。最終回はみずほ信託銀のシステムのみ移行予定で、19年度上半期中に実施する計画だ。

photo システムの移行スケジュール

 従来は旧みずほ銀、旧みずほコーポレート銀、みずほ信託銀のシステムが混在していた。みずほFGによると、システム移行によって(1)処理速度の向上、(2)新規開発の期間短縮・コスト削減、(3)障害対応力の向上――などのメリットが得られるという。

photo システム移行で得られるメリット

 みずほFGの旧3行のシステムを統合する新勘定系システムの開発は2012年に着手。当初は2015年度末までに開発する計画だったが、超巨大プロジェクトは難航を極め、4000億円を超えるとされる費用を投じた「IT界のサグラダ・ファミリア」などとも呼ばれた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -