ニュース
» 2018年02月19日 12時36分 公開

東南アジアの大手とも交渉中:第一交通、米Uberと提携協議 アプリ対応で訪日客に“おもてなし”

第一交通が、米Uberと提携協議を行っていることを明らかにした。Uberのアプリ上で第一交通のタクシーを呼べるようにする予定。担当者は「東京五輪に向けた訪日外国人の“おもてなし”だ」と話す。

[ITmedia]

 タクシー大手の第一交通産業は2月19日、配車大手の米Uber Technologiesと提携協議を行っていることを明らかにした。合意時期は未定だが、Uberのアプリ上で第一交通のタクシーを呼べるようにする予定。訪日外国人需要獲得に向け、利便性を高める狙い。

photo 第一交通の公式Webサイト

 第一交通は全国に8400台のタクシーを配備している。合意後は、東京・大阪など大都市のほか、福岡市、那覇市、札幌市など国際空港が位置するエリアでサービスを展開する予定。手数料などの詳細は未定で、今後詳細を詰めるという。

 第一交通は、昨年11月に中国Didi Chuxing(滴滴出行)との提携を発表するなど、海外配車大手との連携に力を入れている。

 第一交通の担当者は「海外の方が、自国で使っているアプリで日本でタクシーを呼べると非常に便利。2020年の東京五輪に向けた“おもてなし”になると考え、海外大手との提携を進めている」と説明する。

 「Uberと協議している理由は、中国の方だけでなく、幅広い国々の方にもタクシーを利用してもらいたいと考えたため。社名は明かせないが、東南アジアの配車大手とも交渉中だ」(担当者)という。

photo Uber Technologiesの公式Webサイト

 担当者は「タクシー利用者が下車するポイントをつなげば、観光客が関心のある観光ルートも分かる。一連の施策によってタクシー市場を盛り上げたい」と話している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -