ニュース
» 2018年02月19日 20時18分 公開

シナジー創出で売上高1.5倍に:RIZAP、「新星堂」運営元のワンダーコーポレーションを子会社化

RIZAPグループが、ワンダーコーポレーションを連結子会社化すると発表。TOBと第三者割当増資によって株式の58.0%を取得する。両社の強みを組み合わせ、18年度の売上高を前年度比1.5倍に増やす狙い。

[ITmedia]

 RIZAP(ライザップ)グループは2月19日、エンターテインメント専門店「新星堂」「WonderGOO」などを展開するワンダーコーポレーションを連結子会社化すると発表した。ワンダーが運営する店舗内にRIZAPグループのジムを出店して入会者の獲得を図るなど、両社の強みを組み合わせてシナジーを生み出す狙い。

 RIZAPグループは2月20日〜3月22日に株式公開買い付け(TOB)を行い、ワンダーの筆頭株主でスーパーマーケット事業を手掛けるカスミが保有する株式の43.1%を取得する見通し。

photo RIZAPグループがワンダーコーポレーションを連結子会社化する

 ワンダーが実施する第三者割当増資も引き受ける予定で、5月31日までに58.0%を保有する親会社になる。取得総額は16億5330万円。

 RIZAPグループは今後、ワンダーを「住関連・ライフスタイル事業」の中核企業に据える予定。ボディメイクに成功したジムの顧客を対象に、ワンダーが手がける古着の買い取りサービス「WonderREX」を訴求するなどし、事業の拡大を図っていく。

 ワンダーの来店率向上のためのテレビCMの放映や、RIZAPグループのPB(プライベートブランド)商品を「新星堂」などで取り扱うことも計画中。ワンダーの不採算店舗は、閉店や業態の転換などによってコスト削減を図る方針だ。

 顧客基盤のさらなる拡大も目的の一つだ。現在、RIZAPグループは全国に825店舗を構えるが、ワンダーの傘下入り後は1125店に増えるため、より多くの潜在顧客と接点を持つことが可能になる。

photo 具体的な施策

 一連の施策により、RIZAPグループは2019年3月期の「RIZAP関連事業」の売上高を18年同期の1.5倍に増やすとしている。同事業の18年4〜12月期の売上高は、前年同期比36.6%増の235億円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集