ニュース
» 2018年02月22日 12時51分 公開

「プライスロック」期間は3カ月に:西友、食品・日用品500品目を平均7%値下げ

西友が食品・日用品約500品目を平均約7%値下げする。対象は、敷島製パンの「パスコ 超熟6枚切」(138円→128円)など。「プライスロック」期間は期間は3カ月に短縮する。

[ITmedia]

 西友は2月22日、食品・日用品約500品目を平均約7%値下げすると発表した。対象商品を低価格のまま固定するEDLP(Everyday Low Price、毎日低価格)施策「プライスロック」も同時に始めるが、原材料費高騰などの影響で期間は6カ月から3カ月に短縮する。

photo 西友の公式Webサイト

 値下げする約500品目も「プライスロック」の対象。対象商品数を過去最多の累計約3000品目に拡大することで期間短縮をカバーする。

 値下げの対象は、自社調達した「バナナ(フィリピン産)」(94円→89円)、敷島製パンの「パスコ 超熟6枚切」(138円→128円)など(価格は全て税別)。

photo 「プライスロック」対象商品の一例

 各商品は、西友の全338店舗とEC(インターネット通販)サイト「SEIYU ドットコム」で取り扱う。

 西友は「天候不順による野菜の値上げなどで、『生鮮食品を安く買いたい』というニーズが高まっている。今後も青果・水産物・畜産物などの価格強化を図っていきたい」(企業コミュニケーション部)としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -