ニュース
» 2018年02月23日 15時43分 公開

人手不足対策に:“バイトシェア”サービス登場 「人手不足」と「働きたい」をマッチング

パーソルキャリアは店舗間のスタッフをシェアする「Sync Up(シンク アップ)」の提供を始めた。同じグループの企業であれば、異なる業態の店舗間でも「ヘルプ」を送り合うことができるという。

[ITmedia]

 人材サービスのパーソルキャリアはこのほど、飲食店や小売店を運営する企業を対象に、店舗間のアルバイトをシェアするヘルプシフト管理サービス「Sync Up(シンク アップ)」の提供を始めた。

 アプリ上で他店舗のアルバイトの稼働状況を可視化し、人手が足りている店舗から不足している店舗に「ヘルプ」を要請できる仕組み。同じグループの企業であれば、異なる業態の店舗間でもヘルプを送り合うことができる。

photo 他店舗のアルバイト稼働状況を可視化する

 パーソルキャリアはサービスの狙いについて「深刻化する人手不足によって、アルバイトを多く雇用する企業は“シフトが埋まらない”という課題を常に抱えている。一方、店舗によっては思うようにシフトに入れず『もっと働きたい』と考えている若年層アルバイターもいる。アルバイトのスキマ時間と、企業の空きシフトを相互に可視化し、マッチングするサービスはニーズがあると考えた」と説明している。

 厚生労働省が実施した「労働経済動向調査(2017年8月時点)」によると、アルバイト・パートが「不足している」と回答した事業所が、「過剰である」と回答した事業所を32期連続で上回っており、労働力不足が顕著になってる。

 一方、大学生のアルバイトを対象にした調査では、約60%が「急に予定が空いてしまうことがある」と回答しており、予定が空いてしまった時に「アルバイトをして時間を有効に活用したい」という人は83.5%に上った(パーソルキャリア調べ)。

photo 急に予定が空いてしまったアルバイトスタッフを有効活用できる

 「Sync Upで他店舗のスタッフの空いている時間を可視化することで、眠っている労働力を活用することができる。また、ヘルプの要請をアプリ上で完結できるため、業務効率化にも寄与できる」(パーソルキャリア)

 Sync Upは、日本ピザハット、カクヤスなど11社が既に導入を決めている。同社は20年までに、250社以上の導入を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -