ニュース
» 2018年03月01日 12時37分 公開

グリーン基調の襟付きタイプ:セブン、15年ぶり制服刷新 佐藤可士和氏が監修

セブン-イレブンが、10月から従業員の制服をリニューアルすると発表。グリーンを基調とした襟付きのジップアップタイプで、佐藤可士和氏が監修した。

[ITmedia]

 セブン-イレブン・ジャパンは2月28日、国内の店舗数が2万店を突破したことを記念し、10月から従業員の制服をリニューアルすると発表した。デザイン刷新は15年ぶり5度目で、「セブンカフェ」などを手がけたクリエイターの佐藤可士和氏が監修した。ブランド価値のさらなる向上を目指す狙い。

photo セブン-イレブン・ジャパンの制服

 新しい制服は、グリーンを基調とした襟付きのジップアップタイプ。企業カラーのオレンジ・レッド・グリーンからなる3本のラインを襟と胸元にあしらった。現行の制服に引き続き、企業ロゴは右の胸元に配置し、左胸にはポケットを設けている。

photo セブン-イレブン・ジャパンの制服(背中側)

 企業カラーのオレンジは「上昇・挑戦を続ける『朝日』」、レッドは「強い情熱・決意のシンボル『炎』」、グリーンは「オアシスの水辺に生きる生命のシンボル『緑』」――をそれぞれ表現しているという。

 季節に応じて、半袖と長袖の2種類を用意。耐久性と着回しの良さ、速乾性を重視した素材を採用したという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -