ニュース
» 2018年03月07日 10時30分 公開

トップチームへのボーナスは2000万円:Supercell、eスポーツに参入 「クラロワリーグ」開催

「クラッシュ・ロワイヤル」運営のSupercellがeスポーツに参入。公式eスポーツリーグ「クラロワリーグ」を発足し、世界大会を行う。

[青柳美帆子,ITmedia]

 スマートフォンゲーム「クラッシュ・ロワイヤル(クラロワ)」を開発・運営するSupercellは3月7日、eスポーツの参入を発表した。3月に公式eスポーツリーグ「クラロワリーグ」を発足し、冬にも世界一決定戦を開催する。

Supercellがeスポーツに参入

 「クラロワ」は2016年にサービス開始したスマホゲーム。全世界での1日当たりの利用者(DAU)は1億人をこえている。同社は17年、賞金総額約1億円のeスポーツイベント「クラロワ 世界一決定戦」を開催。世界187カ国から2700万人以上のプレイヤーが参加した。日本でも「クラロワ 日本一決定戦」を行い、4万人以上がエントリーした。これらのイベントの成功から、本格的にeスポーツを始めることを決めたという。

 4〜6人の「プロ選手」で構成したチームでリーグ戦を行い、トップチームを決める。4月1日時点で満16歳以上のユーザー全てがプロ選手になれる可能性があり、3月14日から始まるゲーム内イベント「クラロワリーグ20勝チャレンジ」で勝利し、大会や選考会を経て、リーグやチームと契約する。チーム結成後は韓国やその他のアジア諸国も参加する「クラロワリーグ in アジア」で全12チームが総当たりリーグ戦を行い、トップチームが18年冬開催の世界一決定戦へ進む。

「クラロワリーグ」を開催

 日本からは4チームが参加し、「GameWith」「Gzブレイン」「DetonatioN Gaming」「PONOS sports」などのゲーム企業・メディアがオーナーを務める。チームに対しては成績に応じてクラロワリーグから助成金が支払われるほか、トップチームにはボーナスとして2000万円が支給される。

 チームオーナーを務めるPONOS sportsの板垣護さんは「日本ではまだゲームに対して『いつまでゲームをやっているの?』という見方が強い。『ゲームがうまい=すごい』と思われるように、一緒に頑張っていきたい」と意気込みを話す。

スマホゲーム×eスポーツの可能性

Supercellのeスポーツアジア担当の殿村博さん

 eスポーツはこれまでPCや据え置き型ゲーム機で遊べるゲームを対象にしていたが、スマホゲームにも広げる動きが始まっている。17年には「シャドウバース」が世界大会を行ったほか、2月に開催された「闘会議2018」(Gzブレインとドワンゴ共催)では「パズル&ドラゴンズ」「モンスターストライク」が対象となり話題を呼んだ。

 Supercellのeスポーツアジア担当の殿村博さんは「これまでeスポーツはPCゲームを中心に世界で広がってきた。しかしモバイルゲームというみながデバイスを持っているゲームが対象になることで、日本におけるeスポーツ人口が増えるのではないか。クラロワの取り組みももちろんだが、クラロワ以外のゲームでもどんどんeスポーツが盛り上がり、業界全体に勢いが生まれてほしい」と話す。

 海外では1〜10億円といった高額賞金の大会も行われているが、国内では法律の壁があり、高額賞金を設定した大会の開催が難しい状態にある。クラロワリーグも、国内の法律に触れないように「プロ選手と契約し、報酬を出す」というルールで運営している。賞金の額や大会数が伸びていかなければ、国内にプロゲーマーが育ちにくい。殿村さんは「もっともっとeスポーツが盛り上がっていけば、法律が変わる議論などが起こるのではないか」と展望を語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -