ニュース
» 2018年03月08日 17時02分 公開

スーパー事業でも協力:セブン&アイ、小田急と提携 駅売店をセブンに転換へ

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は3月8日、小田急電鉄と業務提携することで基本合意したと発表した。小田急子会社が展開するスーパーにセブンのプライベートブランド(PB)商品の導入を検討するほか、駅構内売店のセブン-イレブンへの転換を進める。

[中澤彩奈,ITmedia]

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は3月8日、小田急電鉄と業務提携することで基本合意したと発表した。小田急子会社が展開するスーパーにセブンのプライベートブランド(PB)商品の導入を検討するほか、駅構内売店のセブン-イレブンへの転換を進める。

photo 小田急グループが展開する駅構内店=小田急商事のWebサイトより

 小田急商事が運営するスーパー「Odakyu OX」事業で人的交流やノウハウ共有を進めるほか、「Odakyu OX」は「セブンプレミアム」などの導入を検討。駅構内売店「Odakyu SHOP」とコンビニエンスストア業態「Odakyu MART」は、フランチャイズとしてセブン-イレブンへの転換を促進する。物流機能の相互活用による効率化とコスト低減も図っていく。

 小田急は今月の複々線完成を機に沿線開発を強化。流通事業の強化を重要課題と位置付けている。セブン&アイは小田急沿線でセブン-イレブンのドミナント形成を進めるほか、スーパー事業の強化も図っていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -