ニュース
» 2018年03月20日 18時36分 公開

「MQB」採用で安全性向上:VW、新型「ポロ」発表 8年ぶりに一新 (1/2)

フォルクスワーゲングループジャパンが、コンパクトカー「ポロ」(Polo)を発売。フルモデルチェンジは約8年ぶり。新プラットフォーム「MQB」を採用し、上級モデルに採用していた先進安全装備を搭載した。

[ITmedia]

 フォルクスワーゲングループジャパンは3月20日、コンパクトカー「ポロ」(Polo)を約8年ぶりにフルモデルチェンジした新型を発売した。価格(税込)は209万8000円〜265万円。

photo 新型「ポロ」のエクステリア

 新プラットフォーム「MQB」を採用して一新。全長は4060ミリと前モデルから65ミリ、ホイールベースは2550ミリと80ミリそれぞれ伸び、広い室内空間やラゲージルームを獲得。実用性を向上させた。

 全幅も1750ミリと前モデルから65ミリもワイドになった一方、全高は10ミリ低くなり、ワイド&ローの精かんな印象になった。

photo 新型「ポロ」のインテリア

 MQBを採用することで、上級モデルに採用していた先進安全装備を搭載可能になり、歩行者検知付きプリクラッシュブレーキや、歩行者への衝撃を緩和するアクティブボンネット、デイタイムランニングライトなどを全車標準装備した。

 新開発の1リッター3気筒エンジンは95PS、175Nmを発揮し、従来の1.2リッターエンジンより向上。7速DSGと組み合わせる。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -