ニュース
» 2018年03月26日 17時10分 公開

車体カラーは「グローイング・スカーレット」:東京メトロ、丸ノ内線に新型「2000系」導入 約30年ぶり

東京メトロが丸ノ内線新型車両2000系を導入する。2019年2月から運行を開始する。

[ITmedia]

 東京メトロは3月26日、丸ノ内線新型車両2000系を2019年2月から運行開始し、22年度までに53編成318両を導入すると発表した。丸ノ内線の特徴からイメージした「地上」「活気」「先進的」をコンセプトにしたデザインで、車体カラーは鮮やかな赤色の「グローイング・スカーレット」。銀座線1000系の技術をさらに発展させた最新技術を採用するという。

丸ノ内線の新型車両2000系

 内観は、車端部の窓に東京メトロ初となる丸窓を採用。 1編成6両全ての車両に携帯電話など小電力の充電が可能なコンセント(2口)も初めて設置した。また、犯罪行為を防ぐためにセキュリティカメラも搭載している。

内観
車体は鮮やかな赤色の「グローイング・スカーレット」

 システム面では、遅延回復などに効果があり、日本の地下鉄で初めてとなるCBTC(無線式列車制御システム)を試験運用し、22年度の本稼働を目指すという。

 丸ノ内線に新車両が導入されるのは、丸ノ内線02系(現行)の約30年ぶり。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -