ニュース
» 2018年04月02日 13時51分 公開

子会社3社を合併:スタートトゥデイ、"データに強い"新会社 年収最大1億円で「天才」募集

スタートトゥデイが、データビジネスを担う新会社を設立。既存事業向けのサービス開発、R&D(研究・開発)、新規事業の立ち上げなどを担う。選考で「天才」と判断された人材には年収1000万〜1億円と高待遇を用意する。

[ITmedia]

 ファッションEC(インターネット通販)サイト「ZOZOTOWN」を展開するスタートトゥデイは4月2日、子会社3社を合併し、ビッグデータ分析などの技術力を集約した新会社「スタートトゥデイテクノロジーズ」を設立したと発表した。ZOZOTOWNや「WEAR」といった既存事業向けのサービス開発、R&D(研究・開発)、新規事業の立ち上げなどを担うという。

photo 新会社「スタートトゥデイテクノロジーズ」が誕生(=公式Webサイトより)

 設立は1日付で、資本金は2億8000万円。システム開発などを担うスタートトゥデイ工務店を存続会社とし、ファッションアプリ運営のVASILY、大学発ベンチャーのカラクルを消滅会社とする吸収合併方式で設立した。

 新会社の社長には、旧スタートトゥデイ工務店社長の久保田竜弥氏が就任。代表取締役 兼 CIO(チーフ・イノベーション・オフィサー)には、旧VASILY社長の金山裕樹氏が就任した。旧カラクルの大久保貴之社長は、執行役員として福岡県の研究拠点でリーダーを務める。

 新会社設立に伴い、採用活動も始めた。募集職種は人工知能(AI)分野の研究者、エンジニア、デザイナー、アナリストなど。「7人の天才と50人の逸材を求む」とうたい、選考で「天才」と判断された人材には年収1000万〜1億円、同じく「逸材」には年収400万〜1000万円の高待遇を用意する。

photo 「天才」「逸材」には高待遇を用意する

 スタートトゥデイは「(新会社設立によって)感覚的に語られてきたファッションという分野を科学的に解明し、テクノロジーによって実用化することで、世界中の人がよりファッションを楽しめる世の中を目指す」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -