ニュース
» 2018年04月03日 17時25分 公開

モンハンワールドも好調:17年度の国内家庭用ゲーム市場、2年連続で拡大 Switchがけん引

ゲームメディア「ファミ通」(Gzブレイン)が発表した2017年度のゲーム市場調査の結果によると、国内家庭用ゲーム市場はハード・ソフト合計で3878.1億円(前年比21.8%増)と、2年連続で拡大した。

[中澤彩奈,ITmedia]

 ゲームメディア「ファミ通」(Gzブレイン)が発表した2017年度のゲーム市場調査の結果によると、国内家庭用ゲーム市場はハード・ソフト合計で3878.1億円(前年比21.8%増)と、2年連続で拡大した。

phot 家庭用ゲーム市場規模

 任天堂が17年3月3日に発売したNintendo Switchが累計400万台超を販売し、ハード・ソフトともに市場をけん引した。

phot 2017年度家庭用ゲームソフト販売本数トップ10

 ソフト販売は「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」(219.8万本)が1位。「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」は、2機種(3DSとPS4)の合計では311.7万本と、トップだった。2016年度は100万本以上売れたタイトルが4本だったのに対し、2017年度は7本に上った。

phot 2017年度家庭用ゲームハード販売台数

 ハードのランキングでは、Nintendo Switchが351.3万台でトップ。2位は203.6万台を売り上げたプレイステーション4(PS4)。18年1月26日に発売された「モンスターハンター:ワールド」がPS4の売り上げを後押しした。

 2018年度もNintendo Switchの勢いは続くとみられるほか、「大乱闘スマッシュブラザーズ」(Nintendo Switch)や「キングダム ハーツIII」(PS4・Xbox One)などの人気タイトルの発売も予定されており、市場動向が注目される。

 集計期間は2017年3月27日〜2018年3月25日。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -