ニュース
» 2018年04月11日 16時13分 公開

近年は好調も一転:サイゼリヤが下方修正、今期は減益に 食材高騰など影響

サイゼリヤが2018年8月期の通期連結業績を下方修正すると発表。最終利益は従来予想から22億円減の62億円にとどまる見通し。新規出店を進めた影響などで、売上高のみ予想額を1565億円に引き上げる。

[ITmedia]

 ファミリーレストランチェーンを運営するサイゼリヤは4月11日、2018年8月期(17年9月〜18年8月)の通期連結業績を下方修正すると発表した。最終利益は従来予想から22億円減の62億円にとどまる見通しで、前期実績(74億9600万円)から減益となる。

photo サイゼリヤが通期業績を下方修正

 円安や悪天候で食材価格が高騰したことや、生産性が悪化して労務費が増加したこと、ガス代などの支出額が見積もりを上回ったことが響いたという。

 修正後の予想売上高は5億円増の1565億円、予想営業利益は29億円減の96億円。継続的な新規出店を進めた影響などで、売上高のみ予想額を引き上げる。

photo サイゼリヤによる発表

 サイゼリヤは近年、メニュー改良やサービスの品質向上によって体質改善に努めており、15年8月期〜17年8月期は増収増益を続けていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -