ニュース
» 2018年04月26日 17時24分 公開

液晶販売増:シャープ、18年3月期営業利益44%増の901億円 今期1100億円見通し

シャープの18年3月期は、営業利益が前年比44.3%増の901億円、経常利益が同256.3%増の893億円になった。

[ロイター]
photo 4月26日、シャープが発表した2018年3月期の連結業績(日本基準)は、営業利益が前年比44.3%増の901億円、経常利益が同256.3%増の893億円だった。写真は都内で2016年3月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 26日 ロイター] - シャープ<6753.T>が26日に発表した2018年3月期の連結業績(日本基準)は、営業利益が前年比44.3%増の901億円、経常利益が同256.3%増の893億円だった。液晶向けや車載向け、スマートフォン向けの中型、小型の液晶販売が増加し、営業利益押し上げに貢献した。親会社株主に帰属する当期純損益は、前年度248億円の純損失から702億円の純利益に転換した。

19年3月期の営業利益見通しは前年比22.1%増の1100億円で、トムソン・ロイターがまとめたアナリスト11人の予測平均値1030億円を上回った。

通商問題や地政学的リスクなどに留意する必要があるものの、中国を含むアジアだけでなく、欧州や米国での事業拡大を進め、経常利益は同12.0%増の1000億円、当期純利益は同13.9%増の800億円と想定している。

前提為替レートはドル/円で102円と中期経営計画策定時より保守的に見積もっている。

(田巻一彦)

Copyright © 2018 Thomson Reuters

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集