ニュース
» 2018年05月02日 10時45分 公開

男性用はネットで話題:「スーツに見える作業着」に女性用登場 現場でもデートでも使える?

オアシススタイルウェアが、スーツ型作業着「WORK WEAR SUIT」の女性用を5月7日に発売する。作業着にジャケット風の襟などを設けてスーツに見えるよう仕立てた点が特徴。建設業者などで働く女性がターゲットで、通勤、作業現場、営業現場、デートなど、幅広いシーンで着用できるという。

[ITmedia]

 衣料品メーカーのオアシススタイルウェアは5月2日、スーツ型作業着「WORK WEAR SUIT(ワークウェアスーツ)」の女性用を7日に発売すると発表した。伸縮性のある素材を使用し、裏地にメッシュ加工を施した作業着で、ジャケット風の襟などを設けてスーツに見えるよう仕立てた点が特徴。建設業者などで働く女性がターゲットで、通勤、作業現場、営業現場、デートなど、幅広いシーンで着用できるという。

photo 女性用の「WORK WEAR SUIT(ワークウェアスーツ)」

 女性らしいデザインと実用性を両立させており、かがんだ際に背中が見えないようカッティングを工夫。速乾、はっ水、形状記憶、多収納――といった作業に適した機能を取り入れた。水洗いも可能。

 価格は上下セットで税別2万4800円。今後半年間で、累計約5000万円の売り上げを見込む。

photo 「WORK WEAR SUIT」の主な機能

男性用はネットで話題に

 男性用は3月末に発売。「画期的だ」と評価する声と「作業着をなめているのか」と批判する声が飛び交うなど、ネット上では大きな話題となった。その後、メンテナンス業を中心に「女性用も欲しい」との意見が多かったため、開発に踏み切ったとしている。

 女性用モデルは、男性用モデルよりも胸の収納用ジッパーを50%細くして目立たなくしたほか、ウエストのゴムの伸縮性を30%向上させて着心地を高めたとしている。

 同社は「女性用のワークウェアスーツを通じて、さらなる業界のイメージアップと現場作業員の意識の向上に貢献していきます」としている。

photo 男性用モデルとの違い

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -