ニュース
» 2018年05月08日 17時24分 公開

特急列車にヌードルバー開設:JR東、伊豆へ新たな観光特急 20年春に運行開始

JR東日本は5月8日、伊豆行きの新たな観光特急列車を運行すると発表した。2020年春に運行を開始する予定で、同社初のプレミアムグリーン車を導入するほか、麺料理を楽しめるヌードルバーを特急列車内に開設する。

[中澤彩奈,ITmedia]

 JR東日本は5月8日、伊豆行きの新たな観光特急列車を運行すると発表した。2020年春に運行を開始する予定で、同社初のプレミアムグリーン車を導入するほか、麺料理を楽しめるヌードルバーを特急列車内に開設する。

phot エクステリアデザイン
phot 車両の概要

 新宿駅から伊豆急下田(静岡県下田市)を結ぶ観光特急。車両形式は「E261系」で、8両編成(定員164人)。

 外観デザインは「伊豆の海と空」をイメージした紺碧色をベースカラーに採用。各車の車体側面の上部には天窓が設けられており、開放的な車内空間を演出する。

phot プレミアムグリーン車

 1号車には同社初となるプレミアムグリーン車が導入される。ゆったりとしたプライベート空間を実現するため、1列に2席のみを配置。

phot グリーン個室

 2〜3号車はグリーン個室に。カフェをイメージした4人用と6人用の個室が用意される。

phot ヌードルバー

 4号車には、日本で愛される食文化の1つである麺類を楽しめる「ヌードルバー」がオープン。目の前で麺を調理するオープンスタイルのキッチンで、相模湾の形式をながめながら味わえるほか、2〜3号車のグリーン個室へのデリバリーも予定している。

phot グリーン車

 5〜8号車はグリーン車となっており、従来の特急列車よりも広い座席を採用する。

 訪日外国客のニーズにも対応し、各車両には大型の荷物置き場を設けるほか、無料公衆無線LANサービスの提供や全席に電源コンセントを設置する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集