ニュース
» 2018年05月14日 12時18分 公開

ANAのピーチ・バニラ統合に対抗:JALが新LCC設立 成田空港拠点に中距離国際線 20年夏就航

JALが中距離国際線を運航するLCCを設立。2020年夏の就航を目指す。成田国際空港を拠点に、アジアや欧米などに就航する計画だ。

[ITmedia]

 日本航空(JAL)は5月14日、中距離国際線を運航するLCC(格安航空会社)を設立すると発表した。社名、資本金、代表者は未定。今年7月に準備会社を立ち上げ、2020年夏のサービス開始を目指す。JALの連結子会社とし、成田国際空港(千葉県成田市)を拠点にアジアや欧米などに就航する計画だ。

photo JALの公式Webサイト

 訪日外国人の増加や、旅行に対する顧客ニーズの多様化を踏まえた施策。JALはこれまで、国内線・国際線の短距離路線に強みを持つLCCのジェットスター・ジャパンに出資してきたが、今後は「新会社とジェットスターを有機的に活用し、新たな需要を創出する」としている。

photo 就航予定エリアとブランドコンセプト

 米Boeingの中型旅客機「ボーイング787-8」を使用する。ブランドコンセプトは「安心」「安全」「先進的」など。詳細は未定だが、顧客自身がサービス内容をカスタマイズできるプランの展開や、デジタル技術を活用した業務プロセスの簡略化などを取り入れるという。機体の貨物スペースを販売するビジネスも行う。

photo 新会社のビジネスモデル

 JALは「高い生産性から生み出される魅力的な運賃や、一歩先を行く価値の提供などにより、幅広いお客さまに支持される航空会社を目指します」としている。自社で手掛けるフルサービスキャリアも、コスト競争力やブランド力を高めて成長を目指すという。

 競合のANAホールディングスは3月、19年度末をめどに傘下の格安航空会社Peach・Aviationとバニラ・エアを経営統合し、東南アジアへの就航を強化すると発表していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -