ニュース
» 2018年05月16日 10時49分 公開

普段は静かな一帯が……:東京・杉並 西荻窪の信用金庫で強盗 緊迫の現場

5月16日朝、東京都杉並区西荻窪の信用金庫に男が押し入る強盗事件が起きた。現場はものものしい雰囲気に包まれている。

[小林伸也,ITmedia]

 報道によると、5月16日朝、東京都杉並区の信用金庫に男が押し入る強盗事件が起きた。男は現金約1100万円を奪って逃げたという。普段は静かな一帯は、朝からものものしい雰囲気に包まれている。

photo 事件が起きた西武信用金庫西荻窪支店=16日午前9時20分ごろ
photo 現場周辺は立ち入り禁止に(写真の一部を加工)
photo 西武信用金庫西荻窪支店は「事件発生のため」店頭営業は中止

 強盗事件が起きたのは「西武信用金庫西荻窪支店」。押し入った男は支店長の男性をバールのようなもので殴り、現金を奪ったという。男は逃走中という。

 現場となった同支店はJR西荻窪駅から南に100メートルほどの交差点の角地にある。駅前で、交通量は比較的多いものの、普段は静かな一帯だ。

 周辺には多数の警官やパトカーが出動。現場近くは立ち入り禁止になり、上空にはヘリコプターが旋回。通勤で駅へと急ぐ人には警官が迂回を呼び掛け、周辺の道路は渋滞した。現場を取り巻く住民からは「西荻窪でこんな事件が起きるとは」と驚く声が上がっていた。

photo 現場周辺には多数の覆面パトカーが出動。スズキ「キザシ」や「マークX」「ティアナ」「アリオン」「インサイト」などが確認できた(写真の一部を加工)

 記者が現場に遭遇したのは保育園に子どもを送った帰り道でのことだ。自宅から保育園までの道で警戒中の警官と相次いですれ違い、立ち寄ったコンビニの近くに覆面パトカーが駐車しているなど、異様な雰囲気に「何かあったのか」と気付いた。同支店の通りは日常的に利用している。

 乗降客数の多いJR中央・総武線の沿線だが、隣駅の吉祥寺などと違って閑静な土地柄なのが西荻窪だ。容疑者が逃走中ということもあり、子を持つ親として不安を感じる。一刻も早い容疑者の確保を望みたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -