ニュース
» 2018年05月25日 16時33分 公開

エコシステムで書店をサポート:楽天、出版取次3位の大阪屋栗田を子会社化

楽天が出版取次3位の大阪屋栗田を子会社化。今後は楽天グループの会員基盤やIT基盤を生かし、書店をサポートするエコシステムなどを創出するという。

[ITmedia]

 楽天は5月25日、出版取次3位の大阪屋栗田に追加出資し、子会社化すると発表した。KADOKAWA、講談社、集英社、小学館、大日本印刷(DNP)の5社とともに、同日付で大阪屋栗田が実施した第三者割当増資を引き受けたという。

楽天が大阪屋栗田を子会社化

 楽天は2014年11月に上記5社と共同で大阪屋(当時)に資本参加し、筆頭株主(35.19%)として経営に参画してきた。16年に大阪屋は経営破綻した栗田出版販売と経営統合し、大阪屋栗田に。今回の追加出資で楽天の出資比率は51.0%、他5社は各9.5%、大阪屋栗田の持株会社OSSが1.6%となった。

 今後は、「楽天グループの会員基盤やIT基盤を生かし、幅広い事業分野におけるシナジーの創出を図っていく」という。共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」、書店から情報が届くスマホアプリ「Readee PLUS+(リーディー プラス)」、アプリと連動した書店のデジタルサイネージの活用など、書店の書籍販売をサポートする新しいエコシステムの創出を目指す。

18年5月にリリースした「Readee PLUS+」などを活用し、エコシステムの創出を目指す

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -