ニュース
» 2018年06月22日 12時10分 公開

セブン‐イレブンアプリと連動:セブン&アイ、新会社「セブン・ペイ」でスマホ決済参入 来春開始へ

セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン・フィナンシャルサービスとセブン銀行が6月14日付で、共同出資により新会社「セブン・ペイ」を設立した。

[中澤彩奈,ITmedia]

 セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン・フィナンシャルサービスとセブン銀行が6月14日付で、共同出資により新会社「セブン・ペイ」を設立した。2019年春をめどに、スマートフォンで簡単に決済できるサービスの提供を目指す。

photo セブン・フィナンシャルサービス公式Webサイト

 資本金は1億5000万円。出資比率はセブン・フィナンシャルサービスが70%、セブン銀行が30%。

 セブン銀行の広報担当者は「6月にサービスを始めた『セブン‐イレブン アプリ』と連動させる計画。QRコード読み取り式にするかなど、その他の詳細はまだ検討中の段階だ」とした。

 電子マネー「nanaco」などの既存サービスについては、今後も提供を続けていく予定だという。

photo 「セブン‐イレブン アプリ」イメージ

 「セブン‐イレブン アプリ」では買い物に応じてポイントが付与されたり、クーポンなどが配信される。nanacoやセブン&アイグループ共通マイルを貯めることもできるサービスだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -