ニュース
» 2018年06月25日 16時28分 公開

10万円までは本人確認不要:PayPal、銀行振替にも対応 クレカなしでも利用可能に

決済サービスを展開するPayPalは6月25日、個人ユーザーが決済サービスで銀行口座の振替を利用できる新機能を追加したと発表した。

[中澤彩奈,ITmedia]

 決済サービスを展開するPayPalは6月25日、個人ユーザーが決済サービスで銀行口座の振替を利用できる新機能を追加したと発表した。クレジットカードなどを持たない個人ユーザーでもPayPalサービスを利用できるようになる。

photo 「PayPal」公式Webサイト

 さらに、これまでは個人ユーザーが企業から金を受け取りたい場合は本人確認を行う必要があったが、7月以降は本人確認をしなくても1回当たり10万円までの資金を受け取ることができるようになる。対応する銀行口座とオンライン連携し本人確認を行えば、利用額を100万円まで拡大することも可能だ。

 対応する銀行は、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行の6行。個人ユーザー側で振込手数料などの負担は発生しない。

 PayPalサービスではPayPal口座を作成するだけでネット上で支払いをすることが可能だが、口座作成に当たり、クレジットカードやデビットカードを登録する必要があった。

photo 事業開発部長の野田陽介氏

 事業開発部長の野田陽介氏は「副業解禁などの流れを受け、個人がお金を受け取る場面が増えるとみている」と話す。新機能の追加で、クレジットカードを持てない若年層や現金主義ユーザーの取り込みに加え、今後拡大が見込まれるニーズへの対応も視野に入れる。

photo カントリーマネージャーの曽根崇氏

 個人間送金の対応については、「今後のマーケットの動向を見て、リリースのタイミングなどを含め継続的に検討を進めていきたい」と、カントリーマネージャーの曽根崇氏は明言を避けた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -